日帰りで小田原ワーケーションを超満喫!楽しすぎた!

仕事と休暇を組み合わせたワーケーション。気分転換でリフレッシュしながら仕事ができる働き方として、昨今注目され始めています。

駅や旅行会社の広告でも度々「ワーケーション」という言葉を見かけ、日に日に浸透してきている様を実感しています。

今回は他拠点生活をしている筆者が、小田原城や箱根湯本へ1本で行けることで有名な「小田原」でのワーケーションの様子をお伝えしていこうと思います!

さくっと気軽にワーケーションしたい方は、ぜひご参考にしてください。

    

小田原ワーケーションの1日

  

朝、小田原に到着。まずは小田原城の景観を眺め、観光地に来たことを実感します。

ぜひ余裕がある方は中に入ってみましょう。

  

ローカルなカフェで朝ごはん

  

観光地で1日のスケジュールをこなすのに必要なのは、なんといっても腹ごしらえ。

まずはカフェで朝ごはんをいただきつつ作業をします。

今回訪れたのは、小田原市観光交流センター内にあるカフェ「cafe sannomaru」。ローカルな雰囲気を醸しつつ、誰でも入りやすいオープンな作りになっています。

  

   

cafe sannomaruでおすすめなのがジェラート。すべて地域の果物や野菜を使ったものなので、その土地ならではのフーレーバーを楽しめます。

私が今回頼んだのは、小田原柑橘倶楽部の「片浦レモン」ときんじろうカフェでいただける「きんじろうミルク」。

フレッシュですごくおいしかったです!

   

土地の果物や野菜を使った旬のジェラート

   

    

朝からたっぷり食べたかったので、ピッツァを注文!「サンノヴェルドゥーラ」は、タマネギとコンビーフハッシュをのせたホワイトソースのピッツァ。

みずみずしいシャキシャキタマネギが、地域のフレッシュな食材をいただいている感満載で最高でした。

美味しい朝ごはんを食べてモチベーションも上がったので、お昼まで作業に専念します。

    

cafe sannomaru

神奈川県小田原市本町1-7-50 小田原市観光交流センター

小田原駅から徒歩10分/766m

営業時間

10:00~17:00

日曜営業

定休日

年末年始

※営業時間や定休日は異なる場合があるので、心配な方はお店に確認しましょう

 

小田原城を眺めつつランチ

   

さてお昼の時間ですが、小田原ならではの場所でランチが食べたい…! ということで、小田原城のすぐそばにあるカフェ「城山カフェ ボス(BOSS)」へ行くことにしました。

道中、聳え立つ小田原城を眺めることができて得した気分になります。

    

   

手ごねハンバーグのランチセットを注文。ボリュームたっぷり、アットホームな味にほっと一息。

店員さんがとても気さくな方で、旅の話なんかをして楽しい時間を過ごしました。

また小田原に来たら訪れたいです!

   


城山カフェ ボス(BOSS)

神奈川県小田原市城山3-25-19

小田原駅西口・東口から徒歩7分

小田原駅から653m

営業時間

11:00~17:00

日曜営業

定休日

月曜・火曜

※営業時間や定休日は異なる場合があるので、心配な方はお店に確認しましょう

   

電車で箱根へ

   

小田原から箱根湯本までは、箱根登山鉄道で15分。とっても気軽に行けちゃうんですね〜。

ということで仕事がひと段落した午後に行ってきました、箱根!

やっぱり箱根は、観光地に来た感を一際味わえます。宿泊施設がひしめ木、周囲は旅行客で溢れておりました。

   

最後の星の王子さまミュージアムを堪能

   

箱根へ来た目的はこちら、念願の「星の王子さまミュージアム」! ずっと行きたかったんです!

実は星の王子さまミュージアム、新型コロナウイルスや建物老朽化の影響で、2023年3月31日に閉園が決まっております。

閉園前に一度王子さまに会いに行きたい、ということで来ちゃいました。

   

   

入り口はフランスの片田舎のようなシックでモダンな雰囲気。閉園間近ということもあって王子様との別れを惜しみ駆けつけた方も多く、とても混んでいました。

数十分並んでようやく中に入ることができました。

撮影は記念撮影のみと可ということなので中の様子は載せられないのですが、本当に、冗談抜きで、とっても素敵でした…。

サン=テグジュペリ『星の王子さま』の世界観が凝縮されていて、こじんまりしていながらも充実感のある非常に素敵なミュージアムでした。閉園なんて悲しすぎる…!

でも、最後に来ることができて本当に良かったです。ついついテンションが上がってミュージアムショップで1万円も使ってしまいました。後悔はしていません。

   

激うまカツ丼で腹ごしらえ

    

さて、星の王子さまミュージアムを満喫できたので小田原に帰ってきました。

お腹が空いたので、小田原駅直結の小田原ラスカ内にある「豚屋とん一」でさくっとカツ丼をを食べて腹ごしらえ。

特にネットで調べたりもせず、手軽に入れたのでこのお店にしたのですが、信じられないくらい美味しかったです。大満足。

   

豚屋とん一

神奈川県小田原市栄町1-1-9 小田原ラスカ 2F

JR、小田急に隣接した駅ビル内にあるので大変便利!
小田原駅から108m

小田原駅から110m

営業時間

10:00~21:00(L.O.20:30)

日曜営業

定休日

無休

※営業時間は異なる場合があります

   

カフェでのんびり

カフェ・ラ・ミル ラスカ小田原店

  

夕方になり、時間ができたのでのんびり夜までカフェで作業。カメラロールで楽しかった1日の思い出を振り返り、にやにやする時間です。この時間が本当に大好きなんですよね…

私は基本、ある程度前日に計画を立てて行きたい場所、食べたいものを決めます。その計画をどの程度達成できたか、思わぬ発見はあったかなどを振り返ることは旅の醍醐味だと思っています。

小田原の作業向きカフェは下記の記事にまとめたので、ぜひご覧ください!

   

最後は万葉の湯で疲れを落とす

写真は別日に撮ったもので昼間ですが、実際は夜に行きました!    

さて、夜になりました。旅の締めといきましょう。

最後はスーパー銭湯「小田原お堀端 万葉の湯」で1日の疲れを落とします。

訪れたのは平日の夜だったのですが、なんとほぼ貸切状態。大きい露天風呂に一人きり。まるで王妃でもなったような最高な気分でした…。

   

  

夜の小田原商店街をぶらぶらしつつ、駅へ向かいます。

名残惜しいですが、行きたいところはすべて行けたし、大満足! 小田原ワーケーションは想像以上に楽しかったです!

   

まとめ

以上、日帰り小田原ワーケーションの様子をお届けしました。

もちろん箱根も良いんですが、ワーケーション旅ということを考えると、作業しやすいカフェも揃っている小田原が最強なんじゃないかなと思いました。

仕事をしつつ観光気分も満喫したい人にもってこいの場所、小田原。ぜひさくっとリフレッシュしたい方は訪れてみてはいかがでしょうか。

   

最後までお読みいただきありがとうございました!

   

<書いた人>

miki/ワーケーションライター。東京(の端)と地方を行き来する2拠点生活。無類のカフェ好き。お問い合わせはこちら→mikiworkation@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

thirteen − 8 =